厚生労働省 病院にランサムウエア対策 指針に明記

病院へのサイバー攻撃が相次いでいるのを受け、厚生労働省は30日、医療機関の情報セキュリティーに関する改定指針を取りまとめた。

被害が増加している身代金要求型コンピューターウイルス「ランサムウエア」への対策を新たに明記し、バックアップデータは独立して

保管することなどを盛り込んだ。

改定指針は「医療情報システムに対するサイバー攻撃が一層、多様化・巧妙化し、診療業務に大きな影響が生じる被害もみられる」とし、

対策を講じる重要性が高まっていると強調した。

引用

https://www.sankei.com/article/20220330-UVXTOKJRDVK7XKP5IZVNGMBV6E/

2022年3月30日、厚生労働省の改定指針内容を取りまとめてみました。具体的な対策はIPA発行の資料を見る必要もありましたので、
その内容も含めさせていただきました。是非参考としていただけますと幸いです。

特設サイトはこちら