政府×日医 病院サイバー対策で新組織設立へ

身代金要求型コンピューターウイルス「ランサムウエア」のサイバー攻撃により、病院の被害が相次いでいる問題で、政府と日本医師会(日医)などが医療分野のサイバー攻撃対策の情報を収集し、共有する新組織をつくることが27日、厚生労働省への取材で分かった。厚労省が主導し、日医や製薬、医療機器メーカーの業界団体が令和4年度内に設立。病院の支援態勢を強化する。

政府×日医 病院サイバー対策で新組織設立へ – 産経ニュース (sankei.com)