ソニー生命の元社員に実刑判決 168億円を不正送金し、暗号資産に_朝日新聞デジタル

ソニー生命保険の子会社の口座から約168億円を不正送金したとして、詐欺罪などに問われた元社員の石井伶被告(33)に対し、東京地裁(小林謙介裁判長)は18日、懲役9年(求刑懲役10年)とする判決を言い渡した。
判決によると、被告は2021年5月、業務上の正規の資金移動を装い、英領バミューダ諸島にあった同社の子会社「SAリインシュアランス」(SA社)の口座から、別の米銀行の口座に約1億5493万米ドル(約168億円)を不正に送金し、全額を暗号資産「ビットコイン」に交換した。

ソニー生命の元社員に実刑判決 168億円を不正送金し、暗号資産に:朝日新聞デジタル (asahi.com)