「恐喝に応じるのも犯罪」ランサムウェアの身代金支払いの禁止を豪政府が検討中【やじうまWatch】_INTERNET Watch

ランサムウェアの身代金の支払いを禁止することを、オーストラリア政府が検討中であることが明らかになった。
ランサムウェアは身代金が支払われる割合が高いサイバー犯罪とされており、調査によっては7割を超える企業が実際に身代金を支払ったと回答するなど、世界的に問題となっている。

「恐喝に応じるのも犯罪」ランサムウェアの身代金支払いの禁止を豪政府が検討中【やじうまWatch】 – INTERNET Watch (impress.co.jp)