ランサムウエア起因とみられる大阪急性期・総合医療センターのシステム障害についてまとめてみた_piyolog

2022年10月31日、大阪急性期・総合医療センターは電子カルテシステムの障害発生により、緊急以外の手術や外来診療を停止していると公表しました。障害はランサムウエアとみられる攻撃が原因と病院は明らかにしています。ここでは関連する情報をまとめます。

ランサムウエア起因とみられる大阪急性期・総合医療センターのシステム障害についてまとめてみた – piyolog (hatenadiary.jp)