露ハッカー集団「3万ドル受領」 徳島の病院サイバー攻撃で_産経ニュース

昨年10月に身代金要求型コンピューターウイルス「ランサムウエア」によるサイバー攻撃を受け、一部診療停止に陥った徳島県つるぎ町立半田病院を巡り、ロシア拠点のハッカー犯罪集団が「データの『身代金』として3万ドル(約450万円)を受け取った」と主張していることが26日、分かった。警察庁などは身代金を払うべきでないとしており、つるぎ町も払わないと表明していたが、復元を依頼されたIT業者の関係者が交渉した可能性がある。

露ハッカー集団「3万ドル受領」 徳島の病院サイバー攻撃で – 産経ニュース (sankei.com)