税金徴収システム悪用、面識ない女性宅訪問…県職員「プライベート気になり情報収集」_読売新聞オンライン

税金徴収のシステムを悪用して納税者の個人情報を収集し、女性宅を訪れるなどしたとして、石川県は21日、県総務部の係長級の40歳代男性職員を減給6か月(10分の1)の懲戒処分とした。再発防止策として、個人情報を扱う職員への指導を徹底するとともに、システムでの検索記録を随時確認することを検討するという。

税金徴収システム悪用、面識ない女性宅訪問…県職員「プライベート気になり情報収集」 : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)