名和氏が語る、サイバー攻撃激化プロセスを加速させているのは誰か? その要因は?_atmarkIT

いま、サイバー攻撃は高度かつ巧妙化している――。その言葉は聞いたことがあっても、それを「完全に理解した」とまでは言えない方も多いだろう。また、理解していたとしてもコストをかけられない、人員がいない、訓練できないなどの理由で動きが止まっていることも考えられる。しかし、その間、サイバー攻撃者は歩みを止めてはくれない。

 名和氏はこれまで、主に経営層に向け、サイバー攻撃の現状を多数の講演で解説してきた。回を重ねるたびに文字数は減り、図は増え、片仮名が減っていったという。名和氏は講演冒頭で、その経験の中で「厳選された10の項目をピックアップする」と述べる。これらはITに強い人だけではなく、ネットにつながる全ての人に理解を求めるためのものであり、成功した例え話や事例を含めたものだ。本稿では、その10のスライドを中心にレポートする。

https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2210/19/news004.html