「INTERPOL Digital Security Challenge」に協力しました_サイバーディフェンス研究所

サイバーディフェンス研究所はNECと共同で、INTERPOL Cybercrime Directorateが開催した、INTERPOL Digital Security Challenge(以下、DSC)に協力しました。

第5回目となる本年のDSCは、オンラインと集合型のハイブリッド方式での開催となり、世界35カ国から48人のサイバー犯罪捜査の専門家およびデジタルフォレンジックの専門家が参加しました。

今回のDSCは、現実に活動中のランサムグループを中心とした違法サイト、犯罪グループに対する捜査手法を題材に、各種犯罪インフラの分析、ランサムウェアの解析、ダークウェブ上で匿名化されている違法サイトとその運営者、協力者の追跡手法に関する講義と演習を行いました。

演習の結果、8件のランサムグループサイト、17件の違法サイトの特定に成功し、その情報は、インターポールのインテリジェンスユニットに共有され、その後、加盟国で現実の犯罪捜査に活かされる予定です。

サイバーディフェンス研究所は、巧妙化、悪質化、そしてグローバル化するサイバー犯罪に対処するため世界各国の法執行機関や民間企業と協力し、今後もサイバー空間のセキュリティ向上に貢献できるよう努力し続けます。

https://www.cyberdefense.jp/news/notice/interpol-digital-security-challenge-2022.html