メモリー上に直接マルウェアを展開する攻撃を発見–家庭用PCが標的_ZDNet Japan

大企業を標的にしたランサムウェア攻撃が報じられている昨今だが、ホームユーザーを標的にし、「Windows 10」やウイルス対策ソフトウェアのアップデートと称してランサムウェアを仕掛ける攻撃も依然として続いている。今回新たに、巧妙な手法を用いて検出を免れつつ、ファイルを暗号化し、数千ドル(数十万円)規模の身代金を要求するキャンペーンが確認されたという。

HP Wolf Securityが米国時間10月13日に詳細を明らかにした、ランサムウェアの「Magniber」を展開するこのキャンペーンは、企業を標的にして多額の身代金を要求する攻撃とは異なり、個人ユーザーに比較的少額の身代金を要求することに注力しているという点で、2022年の傾向からは外れている。

このキャンペーンはさまざまな点で、個人のコンピューターのファイルを暗号化していた初期のランサムウェアキャンペーンへの回帰だと言える。とは言うものの、特にホームユーザーにとっては検出が困難な先進的テクニックが用いられている。

その攻撃チェーンは、ユーザーが攻撃者の支配下にあるウェブサイトにアクセスするところから始まる。こうしたウェブサイトは正規のウェブサイトやサービスであるかのように偽装されており、被害者はさまざまな経路を通じてアクセスするよう仕向けられている。

https://japan.zdnet.com/article/35194695/