サーバー内で使われずに放置されている「ダークデータ」が地球の環境を脅かしている – GIGAZINE

企業のデジタルデータの半分以上はデータベースに収集され、保存されています。しかし、GoogleフォトやiCloudに保存されている、複数の同一画像や二度と使われることのない古いスプレッドシート、インターネットから収集した不要なデータなど、その多くは決して再利用されることはありません。このような「ダークデータ」はサーバーのスペースを占有し、大量の電力を消費します。こうしたダークデータによる「見えないエネルギーコスト」が存在していると、ラフバラー大学のトム・ジャクソン教授とイアン・R・ホジキンソン教授が解説しています。

‘Dark data’ is killing the planet – we need digital decarbonisation
https://theconversation.com/dark-data-is-killing-the-planet-we-need-digital-decarbonisation-190423

環境活動家の多くは自動車・航空機・エネルギー産業からの二酸化炭素排出量を制限することに焦点を当てています。SDGs(持続可能な開発目標)を掲げる多くの企業が二酸化炭素排出量を削減しようとしていますが、一般的に製品の製造や輸送からの二酸化炭素排出量を削減する方向で対策をしています。

一方で、デジタルデータによる排出量は今もなお増加しているとのこと。調査企業・Statistaのデータでは、2020年時点ですでに「デジタルデータによって世界の温室効果ガス排出量の4%が発生している」と指摘されています。2022年時点では97ゼタバイト(97兆ギガバイト)のデータが生成されるとされ、2025年までにはほぼ2倍の181ゼタバイトになる可能性が示唆されています。

https://gigazine.net/news/20221010-dark-data-foot-print/