片言の日本語で「PCがウイルスに感染した…」電子マネー125万円分騙される特殊詐欺被害【新潟市】_NST

新潟東警察署は5日、新潟市東区の40代男性が電子マネー125万円分をだまし取られる特殊詐欺被害があったと発表しました。 男性は9月30日午前9時前、自宅のパソコンで動画サイトを見ようとした際、画面に警告表示が出たため、表示された電話番号に電話しました。 すると片言の日本語を話す男の声で、「パソコンがウイルスに感染した。ウイルス対策ソフトが必要だ。電子マネーが必要だ」などと繰り返し指示され、その日のうちに9回にわたってコンビニエンスストアで電子マネーカードを購入。 パソコンの画面に電子マネーのコード番号を入力し、合計125万円分をだまし取られました。 その後、不審に思った男性が警察に相談し、被害が発覚しました。 警察は電子マネーで金銭を要求された際は詐欺を疑い、警察や家族に相談するよう呼びかけています。
https://www.nsttv.com/news/news.php?day=20221005-00000005-NST-1