親ロシアの「KILLNET」、「認証疲れ」でGTAコード流出…… 9月注目サイバー攻撃・インシデントまとめ_ITmedia

政府サイトなどを親ロシアのサイバー犯罪集団「KILLNET」が攻撃

ロシアを支持するサイバー犯罪集団「KILLNET」が日本政府や日本の大企業のWebサイトにサイバー攻撃を行ったと表明し、各企業団体が対応に追われた。 影響を受けたのは行政情報の総合窓口サイト「e-Gov」、地方税ポータルシステム「eLTAX」、JCBブランドサイト、mixi、東京メトロWebサイトなど。 各サイトでは6日ごろから接続障害などが発生。手口はDDoS攻撃とみられるが、障害の詳細な原因は不明のまま。実際にこれらの障害にKILLNETが関与していたかも分かっていない。 <政府運営「e-Gov」などにサイバー攻撃か ロシア支持のハッカー集団「KILLNET」が声明 mixiやJCBへの攻撃にも言及
 
親ロシアのハッカー集団「KILLNET」、日本政府に宣戦布告 SNSに声明動画を投稿> e-Govでは6日から2日連続で障害が発生した。デジタル庁によると、6日の接続障害はDDoS攻撃による可能性が高いという。一方、7日のサービス障害は「システム内部の問題が原因」であり、外部からの攻撃の影響ではなかったという。 <2日連続のe-Gov障害、原因は別だった KILLNETの関与は“言及しない”> なお東京新聞の報道によると、KILLNETは資金難により攻撃活動を実質停止しており「日本人はもう心配しなくてもいい」と話しているという。

Linux搭載サーバ・IoT機器を狙った新マルウェア「Shikitega」

米AT&TのセキュリティラボAlien Labsが、Linux搭載のサーバやIoT機器を狙ったマルウェア「Shikitega」を発見したと発表した。脆弱性を悪用して権限昇格し、感染した端末で暗号資産のマイニングなどを行う。 同社によるとLinuxを標的とするマルウェアとランサムウェアは2022年上半期に650%近く増加(昨年同期比)、過去最高に達したという。 <Linux標的の新マルウェア「Shikitega」 「Shikata Ga Nai」でステルス攻撃

GTA新作のソースコード・プレイ動画が流出 手口は「認証疲れ」

teapotuberhackerと名乗る人物が、2024年のリリースがうわさされているゲーム「GTA 6(名称未定)」のソースコードをクラウドストレージ「MEGA」で、プレイ動画をYouTubeで流出させた。 ソースコードのダウンロードリンクは約19時間で削除。プレイ動画は数時間後に削除された。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2209/30/news144.html#utm_term=share_sp