日本の政府や企業へのサイバー攻撃を主張しているハッカー集団「キルネット(KILLNET)」_NHK

日本の政府や企業へのサイバー攻撃を主張しているハッカー集団「キルネット(KILLNET)」。

9月7日には、「日本国政府全体に宣戦布告」などと述べた動画も投稿した。ロシアによるウクライナ侵攻以降、ウクライナを支援する国に次々とサイバー攻撃を仕掛けていると見られている。

NHKはこれまで「キルネット」の独自取材を続けてきた。彼らは一体何者なのか。

「キルネット」は、ロシア政府を支持するハッカー集団で、政治的な主張を目的として活動する「ハクティビスト」の一つだ。
2月のロシアによるウクライナ侵攻以降、ウクライナだけでなく、ウクライナを支援している国も標的にしてサイバー攻撃を展開しているとされる。
誰でも見ることのできるSNSにチャンネルを開設し、自身の主張を投稿している。チャンネルの登録者数は、現在、およそ9万人に上っている。

これまでの取材では、キルネットの組織は、ウクライナ侵攻以前から存在していたが、いま行っているような活動は、ことしの1月末か2月初めころから開始したと見られる。 主な攻撃は、ウェブサイトやサーバーなどに大量のデータを送りつけ、機能停止に追い込む「DDoS攻撃」だ。


https://www3.nhk.or.jp/news/special/sci_cul/2022/09/special/2022-09-cyber/