クレジットカード番号等取扱業者(株式会社メタップスペイメント)に対する行政処分を行いました 経済産業省

経済産業省は、本日、割賦販売法に基づくクレジットカード番号等取扱業者である株式会社メタップスペイメント(法人番号9011101027550)に対し、同法第35条の17の規定に基づく改善命令を発出しました。
1.事業者の概要
(1)名称:株式会社メタップスペイメント(以下「同社」という。)
(2)代表者:代表取締役 和田 洋一
(3)所在地:東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー7階
(4)事業内容:決済代行業等
2.処分内容
割賦販売法(昭和36年法律第159号。以下「法」という。)第35条の17に基づく改善命令

法第35条の16に規定するクレジットカード番号等の漏えい、滅失又は毀損の防止その他のクレジットカード番号等の適切な管理のために必要な措置として、以下の措置を講じること。
同社が同社とクレジットカード決済に係る契約を締結しているクレジットカード等購入あっせん関係販売業者及びクレジットカード等購入あっせん役務提供事業者(以下「加盟店」という。)に対して提供するクレジットカード番号等による決済を可能とするサービスに係るシステム(以下「クレジットカード決済システム」という。)のうち、同社が保有するシステム(以下「自社システム」という。)について、クレジットカード番号等の漏えい事故の発生を防止するため必要かつ適切な措置として、クレジットカードのデータセキュリティに関する国際的な基準(以下「PCIDSS」という。)を適切に維持し、これを継続的に運用すること、及び、令和3年10月から令和4年1月までの間に発生したクレジットカード番号等の漏えい事故と類似の事故の再発を防止するため、第三者機関の検証を踏まえた再発防止策を速やかに策定し、実施すること。

同社のクレジットカード決済システムのうち、PCIDSS準拠を含むクレジットカード番号等の漏えい事故の発生を防止するため必要かつ適切な措置を講じていないものを確認し、当該措置を講じていなかった原因究明の結果を踏まえ、適切にPCIDSSを準拠及び維持し、これを継続的に運用することを含むクレジットカード番号等の漏えい事故の発生を防止するため必要かつ適切な措置を速やかに講じること。

経営陣主導の下、システム及びセキュリティ対策に係る内部統制の強化を図り、同社のクレジットカード決済システムにおけるクレジットカード番号等の漏えい、滅失、毀損その他のクレジットカード番号等の管理に係る事故の発生を防止するため必要かつ適切な措置を講ずること。

PCIDSS監査に際し、監査機関に提出する報告書の改ざん等の不適正な業務の遂行を排除するため、クレジットカード番号等取扱業者としての健全な組織風土を醸成するとともに、内部監査機能の強化や業務の属人化の解消等の抜本的な業務運営体制の再構築を行い、第三者機関による業務運営の適正性の検証及び必要に応じた改善を行うこと。

今般のクレジットカード番号等の漏えい事故の発生原因等を踏まえ、経営責任の所在を明確化するとともに、クレジットカード番号等の適切な管理に必要な経営体制の見直しを行うこと。

https://www.meti.go.jp/press/2022/06/20220630007/20220630007.html