パスワード別送「PPAP」、7割が制限・見直し視野 日本経済新聞

今回の調査ではメールを送る際に暗号化したファイルを添付して後からパスワードを送る「PPAP」と呼ばれる仕組みについても聞いた。日本で根強く使われてきたが、7割弱が何らかの制限を行っているか、今後の制限を検討するとし、対策を進めつつある実態が明らかになった。
PPAPは暗号化によってファイル内部に潜むウイルスが検知ソフトをすり抜けやすくなり、かえってウイルスを添付したメールの危険性が高まると見直し…

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62205800Q2A630C2TEC000/