<独自>医療情報、デジタル化で共有 プラットフォーム創設 骨太方針に明記

政府が6月上旬に策定する経済財政運営の指針「骨太の方針」に、医療現場でのDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速する基盤となる
「全国医療情報プラットフォーム」の創設を盛り込むことが26日、分かった。
医療機関や自治体が電子カルテやレセプト(診療報酬明細書)、予防接種などの情報を共有し、患者が最適な治療を受ける環境を整備したり、
感染症の流行状況などを的確に把握したりする狙いがある。

引用
https://www.sankei.com/article/20220527-H4HVWT7UPJOXTLVWK3FXKSTOJI/