相次ぐ医療機関へのサイバー攻撃 対策ガイドライン改定 厚労省

医療機関へのサイバー攻撃が相次いでいることを受け、厚生労働省は医療機関向けのセキュリティー対策のガイドラインを改定し、公表しました。
データが暗号化されて使えなくなる「ランサムウエア」と呼ばれるコンピューターウイルスによる被害などを想定した対策を新たに盛り込んでいます。

引用
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220410/k10013575321000.html