近鉄不動産株式会社

総合不動産デベロッパーの近鉄不動産株式会社は2020年10月30日、同社に所属する従業員が取引顧客1名にデータを送信する際に誤送信を起こし、別の顧客18名の取引関連データを流出させたと明らかにしました。 近鉄不動産によると、誤送信は2020年9月15日に発生し、担当者による人為的なミスにより起きたものとしています。担当者が誤送信先に物件資料データを送ろうと試みたところ、誤って同社が保有する上記18名の物件取引帳票データを添付し送信したとのこと。 同社が内容を確認したところ、帳票データには氏名や生年月日、物件所在地などの他に、売買契約書や重要事項説明書(宅建業法によるもの)および身分証明書に決済案内などの物件に関して極めて詳細な記録が含まれていた事実が判明しており、同社は被害者らに謝罪を表明しています。 https://cybersecurity-jp.com/news/44644