西南自動車工業株式会社

令和4年3月1日(火)に、弊社社員1名のパソコンが外部からの不審メールによって「Emotet」(エモテット)と呼ばれるコンピュータウイルスに感染し、その後さらに1名のパソコンがコンピュータウイルスに感染したことが判明いたしました。 事象発生後、社内での注意喚起、ウイルスチェック及びJPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)公表の感染チェックツール「Emo Check」(エモチェック)等を実施し、3月2日現在、新たな感染拡大はないことを確認しております。 弊社とメールの送受信をされたお客さま及びお取引先の皆さまには、多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。 この不審メールの特徴として、弊社従業員の差出人名でありながらメールアドレスドメインが弊社のものでなく、文面が短文で、ファイルやリンクが添付されております。 このような不審メールを受信された場合、添付ファイルの開封やメール本文中のリンクをクリックせずに、直ちに削除していただきますようお願い申し上げます。 今後、このような事態の再発防止に向け、専門家の協力のもとでの原因究明と、より一層のセキュリティ強化や情報管理の強化に努めてまいります。 何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。