名古屋大学医学部附属病院

名古屋大学医学部附属病院は2022年2月24日、同院に所属する職員のメールアカウントが海外からBF攻撃を受けたことにより、アカウント内に記録されていた個人情報合計416名が流出した可能性があると明らかにしました。

被害を受けた職員から実在する別の職員のメールアドレスを騙った不審なメールが送付された旨、報告を受けたことにより発覚。同院がこれを調査したところ、被害職員を含む合計3件のアカウントに対して不正アクセスの形跡が見つかりました。

同院によれば、被害アカウントには同院に所属する職員や医学部生、受診患者らの個人情報合計416名が含まれていました。同院は対象者らの情報が攻撃者に閲覧された可能性があるとして謝罪しました。