小島プレス工業株式会社

トヨタ自動車は3月1日、国内すべての工場の稼働を停止し、原因となったシステム障害が起きた取引先の部品メーカーは、サイバー攻撃を受けて、一部のサーバーでウイルス感染や脅迫メッセージが確認されたことを明らかにしました。
一方、トヨタは3月2日からすべての工場の稼働を再開させるとしています。
トヨタは、愛知県豊田市にある取引先の部品メーカー「小島プレス工業」で発生したシステム障害の影響で、3月1日、国内すべての工場の稼働を停止しました。

これについて、システム障害が発生した「小島プレス工業」は、2月26日の午後9時ごろ、社内の一部のサーバーで障害が発生したことを検知し、このサーバーを再起動したところ、ウイルスの感染と脅迫メッセージの存在が確認されたと明らかにしました。

会社では、さらなる外部からのサイバー攻撃を予防するため、2月27日に取引先や外部とのネットワークを遮断して、すべてのサーバーを停止する措置をとり、関係省庁や警察に今後の対応を相談しているということです。

「小島プレス工業」の広報担当者は3月1日午前、報道陣の取材に応じ「私たちの海外の工場への影響はないと認識している。関係各所と相談しながら対応を検討している」と述べました。

一方、トヨタは暫定的なネットワークを利用して「小島プレス工業」との発注や納品のデータのやり取りが可能になったとして、3月2日からすべての工場の稼働を再開させると発表しました。

トヨタは「急きょの稼働停止で、お客様、仕入れ先、関係先の方々にさまざまなご不便をおかけし、おわび申し上げます」とコメントしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220301/amp/k10013506591000.html