双葉電子工業株式会社

1.これまでの経緯と対応

2月2日(水)

FJTは外部スパム電子メールを受け取り、パソコンにインストールされたアンチウイルスソフトはそれを検出したが、一部の電子メールユーザーのアドレス帳が窃取された。
対象のパソコンをネットワークから切り離すとともに、全パソコンに対してウイルスチェックを実施、他のパソコンに感染がない事を確認。

2.窃取された情報

FJT従業員とメールの送受信を交わした一部のメールアドレス

3.ウイルス感染による影響範囲

現時点でメール本文や添付ファイル等の流出は確認されておりませんが、影響範囲の情報収集を継続実施します。

4.再発防止策

不審メール対策に関する注意喚起を実施するとともに、セキュリティ対策の徹底を図ってまいります。

https://www.futaba.co.jp/info/202202_incident