株式会社ボルテックス

【経緯および対応概要】
2021/4/22  ファイル逸失および不正アクセスの可能性を覚知
                   影響がおよぶ可能性のあるサイトを閉鎖
                   個人情報保護委員会、監督官庁、警察署、お客様への連絡を順次開始
                   外部セキュリティ調査会社にログ解析・設定確認等のフォレンジック調査を含むセキュリティ調査を依頼
                   外部セキュリティコンサルティング会社にコンサルティングを依頼。
2021/4/26「第三者からの攻撃による賃貸ビジネス関連サイトの一時閉鎖について」公表
2021/5/14  外部情報調査会社にインターネット上での情報流通有無について調査・監視を依頼
2022/1/28  外部セキュリティ調査会社によるセキュリティ調査完了
                   個人情報保護委員会、監督官庁、警察署、お客様への連絡を順次開始
2022/1/31 「賃貸ビジネス関連サイトの第三者からの攻撃に関する調査結果のご報告(確報)」公表

【調査結果】
外部セキュリティ調査会社によるログ解析・設定確認等のフォレンジック調査を含むセキュリティ調査を行いました。
その結果、「駐マップ」サイトと連動するファイル格納領域に対し、第三者による不正アクセスと、当該ファイル格納領域のデータが

逸失していることが確認されましたが、データ漏出は確認されませんでした。
なお運営に利用していたクライアントPCのマルウェア感染や攻撃者の侵入等は確認されませんでした。

【今後の対応および再発防止策】
被害を受けたサイトは凍結を判断、セキュリティに知見のある開発・運用ベンダーと連携の上、新たなサイトを構築する予定です。
また、新サイト構築にあたっては、セキュリティベンダーのアドバイスに則ったセキュリティ対策を適用します。

本件公表以来、お客様より当社へお問い合わせやご相談をいただき、専門の調査会社によるデータ漏出・流通の調査・監視を行ってまいりましたが、

現時点ではデータの流出に係る具体的な二次被害や、因果関係が認められる内容・事象は確認されておりません。しかしながら、
引き続き情報確認並びに必要な注意喚起を行ってまいります。
今回の事態を重く受け止め、外部の専門機関も活用しながら、今後も継続的にセキュリティ・情報保護の強化を図り再発防止に努めてまいります。
関係者の皆様には、多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたこと、改めてお詫び申し上げます。
 
引用
https://www.vortex-net.com/news/50829/