富山 県内サイバー犯罪の相談件数が増加_チューリップテレビ

ことし上半期に警察に寄せられたサイバー犯罪に関する相談件数が大幅に増加していることが、県警の調べでわかりました。

ことし6月までの上半期に、警察に寄せられたサイバー犯罪に関する相談は1022件で、去年の同じ時期より278件増加しました。 不正アクセスに関する相談が229件と最も多く、去年の同じ時期より167件も増えています。

また、添付ファイルを開くと感染する不正プログラム、「エモテット」に関する相談が、去年はありませんでしたが、ことしは12件寄せられています。

メールの受信をきっかけに被害に遭うケースが多いことから県警は不審なショートメッセージやメールは、クリックしたり、添付ファイルを開いたりしないよう呼びかけています。

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/tut/162685?display=1