福岡県小竹町

勤務先の福岡県小竹町のシステムに約2年間で600回超の不正侵入を繰り返し、過去に取得した年次有給休暇のデータを改ざんするなどしたとして、福岡県警は6日、同町税務住民課の主任主事、作本美菜容疑者(34)=同県飯塚市川津=を不正アクセス禁止法違反と公電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕した。県警によると、容疑をおおむね認めている。

 逮捕容疑は2020年5月~22年4月、公務中に他の職員のIDやパスワードを使って町のシステムへ計637回にわたって不正に侵入。自身が21年6月と22年3月に取得した年次有給休暇3日分の記録を削除するなどしたとしている。

https://mainichi.jp/articles/20220706/k00/00m/040/064000c