一般財団法人 休暇村協会

この度、リトリート安曇野ホテル、休暇村富士、休暇村大久野島、休暇村帝釈峡において、一部のお客様へ当該休暇村を装った不審なメールが届く、
マルウェア「Emotet(エモテット)」によるウイルス感染症状と類似した事象が発生しており、当該休暇村のコンピューターを即座にネットワークから
遮断し調査を行っていたところですが、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターより提供された最新のチェック機能(Emocheck)により、
「Emotet(エモテット)」への感染が確認されました。

感染により、当該休暇村と電子メールでやり取りをさせていただいたことがあるお客様ならびに関係者様の電子メールが漏えいした可能性があります。
お客様ならびに関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。
 
不審メールの特徴として、送信者の氏名表示は休暇村名ですが、送信者のメールアドレスが「*****@qkamura.or.jp」とは別のドメインの
メールアドレスであることが挙げられます。
また、不審メールには、パスワード付きZIP形式などのファイルが添付されているケースや、メール本文にURLが記載されているケースが多く、
疑わしいメールが届きました際は、添付ファイルの開封や、本文中のURLをクリックせず、メールごと削除していただきますようお願い申し上げます。

休暇村協会では、コンピュータウイルス対策に取り組み、不審メールのブロックなどを進めてまいりましたが、今回の事象を受け、
個人情報保護委員会への報告を行い、被害拡大の防止に努めるとともに、より一層の情報セキュリティ対策の強化に取り組んでまいります。


引用
https://www.qkamura.or.jp/information/detail.asp?nid=250