東京国際空港ターミナル株式会社

羽田空港の国際線の旅客ターミナルを管理・運営する東京国際空港ターミナル株式会社
(以下 TIAT)、および業務委託先の日本空港ビルデング株式会社(以下 JAT)は、Face
Express(顔認証技術による搭乗手続き)のシステム運用の再委託先のエアリンク社(本社:
米国)より、同社の元社員が管理者権限を悪用し、不正な手法で個人情報を社外に持ち出
した旨の報告を受けました。
持ち出された個人情報は 1046 名様分ですが、当該情報は 4 月 8 日現在、専門機関によ
る検証作業を経て、全てエアリンク社が元社員より回収し、データを完全削除し、第三者
に漏洩した形跡はないことを確認した旨の報告を受けています。
また、TIAT および JAT は、同様の事案を二度と発生させないよう、エアリンク社に対
し詳細な原因究明および厳重な再発防止策の実施を指示し、エアリンク社がこれらを既に
実行していることを確認しました。TIAT および JAT におきましても、万全な Face
Express システムの運用に向けて、これまで以上のさらなる厳格な対策を講じてまいりま
す。
TIAT および JAT は、羽田空港国際線をご利用の皆様にご心配・ご不安をおかけしまし
たことを深くお詫びするとともに、Face Express を安全・適切に運用する所存でございま
すので、ご理解を賜りたくお願い申しあげます。



引用
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/files/news_release/000011987.pdf